So-net無料ブログ作成
検索選択
パソコンやスマートフォンがそのままラジオ受信機に  radiko.jp
対応エリアではパソコンやスマートフォンを利用して地域のラジオを聴く事ができます ※NHKはこちら

Weather:2016年台風第21号 [お天気]

アジア名 Sarika

 13日21時、フィリピンの東の熱帯低気圧が台風21号になりました。
 アジア名は「サリカー」、カンボジア提案 意味は「さえずる鳥」。
 平成28年台風第21号72時間予報 10月13日21時
 2016年10月13日21時 ひまわり8号可視赤外合成画像2016年10月13日21時 ひまわり8号赤外線画像
 今後は発達しながら、強い勢力でルソン島方面に進む予想です。


 なお14日0時の観測で解除されましたが、
 13日15時からベトナム近海の熱帯低気圧に発達予想が発表されていました。
 熱帯低気圧c 10月14日0時
 2016年10月14日0時 ひまわり8号赤外線画像2016年10月14日0時 ひまわり8号赤外線画像  気象庁の台風情報における地図中の破線は
 「熱帯低気圧」としてのこれまでの進路を示しているので、
 この図からは13日に南シナ海で発生した熱帯低気圧とみる事ができるのですが
 この熱帯低気圧c 元を辿ると
 10日に台風19号から衰えた熱帯低気圧とみる事もできるんですよねぇ…。

 実況天気図をみると台風19号から格下げとなった熱帯低気圧が、
 12日に低圧部となりそこから熱帯低気圧cが発生した様な状態となっています。
 (なお実況天気図は速報値なので、解析後変更となる場合があります。)  アジア太平洋域 実況天気図
 JTWC より
JTWC より
 因みにアメリカ海洋大気庁(NOAA) や米軍合同台風警報センター(JTWC) では、
 この熱帯低気圧を「Tropical Depression 22W (Aere)」とし
 台風19号「アイレー」が衰えた存在として観測を続けていた模様です。

 台風から格下げになった熱帯低気圧が再発達し
 再び「台風」の基準(最大風速17.2m/s以上)に達した場合は、
 以前の台風番号等を引き継ぐ事になっているので
 今回どの様な事になるのか見守っていたのですが…それは叶わなかった模様です。

 しかしこの熱帯低気圧c 未明にはベトナム中部に上陸した模様で、
 フィリピン接近中の台風21号と共に被害が心配されます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。